SALES PROMOTION 2015.12.28

クレスト・デザインチームの勉強会【黄金比で○○をつくってみた】

はじめまして。前橋サテライトオフィスでデザイン制作を担当しておりますYukiです。
前橋きっての若手として、日々勤しんでいる前橋デザインチームの勉強会についてご紹介したいと思います。

《黄金比ってなに?》

週に1度、デザインチームでは勉強会を行っております。
ベーステーマは黄金比!

みなさまはデザインにおける黄金比をご存知でしょうか?

有名なところで申しますと、Appleやペプシのロゴマークやモナリザなどで黄金比が使われているそうです。
どのように使用されているかは割愛させて頂きます。)

さらに黄金比は貴金属比とも呼ばれています。
他にも、白銀比、青銅比、第2黄金比なんてものもあるのだとか……
……その話は、置いておいて。

黄金比を簡単に説明すると、ある決まった縦横比のことです。

その比率は、1:1.618

そう言われても、なんだそりゃ?と思う方が大半だとおもいます。
私も最初はそうでした。。。

そこで図で説明するとこんな感じ。

なぜこのスッキリとしない数字の比率が「黄金」とまで呼ばれているかと申しますと、
これを使えば 見た目が美しいとされる構図を描くことができる のです。

ですので勉強会では、ここに記載してある縦横比や円の黄金比を使って
いろいろなものをつくっています。

 

《黄金比で○○をつくってみた》

それでは、ここからは勉強会の内容を簡単にご説明しましょう。
勉強会は、毎週、お題を決めてそれを発表するという形式で進められています。

例えば第一回では、トマトをつくってみたり。

このトマトにどんな風に黄金比が使われているかというと、こんな感じ。
 



また少し経った頃には、ネコ?の顔をつくってみたり。

こちらにはこんな風に黄金比が使われています。
 

 

 




と、このように徐々に難易度をあげてゆきます。
そして最近、ついに動物の全身を黄金比で作ることにチャレンジしました!

まだまだ黄金比を使いこなすには程遠いですが、先輩たちに学びながら毎週試行錯誤を繰り返しております。

ですが!
「最近ではこの勉強会を通常業務にも生かせてきているなあ」と感じ始めておりまして、
「配置やレイアウトに悩んだ時は黄金比を当てはめてみる」という考え方が定着しつつあります。
そしていざ配置してみると、やっぱり美しいんです。黄金比は。

 

《最後に》

今後、この【黄金比で○○をつくってみた】、はシリーズ化するようなので
成長の過程を見守って頂けたら幸いです。

以上、前橋デザインチームから、勉強会のご紹介でした!

 

ご興味を持って頂けた方は、弊社クレスト(tel:050-1748-9953)までお気軽にご連絡くださいませ。

宜しくお願い致します。